jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

[2010.12.02]

復帰を予定しない、いわゆる「片道切符出向」を命じることはできますか


A 就業規則等に出向規定があり、以前から「片道切符出向」が日常的に行われていたなど、労働者の包括的な同意があると認められる場合でなければ、難しいでしょう。

1.就業規則等の規定と片道切符出向

使用者が、労働者の個別の同意を得ることなく出向を命じるには、就業規則、労働協約等に、出向規定が置かれていることが前提条件となります。企業の出向規定は、「出向を命じることがある」などと、単に将来的な出向可能性を規定しているだけのものも多いようです。しかし復帰を予定しない出向の場合は、このような抽象的な規定では認められません。
出向が、出向元との労働契約を存続したまま、出向先の指揮監督の下で労務を提供するものであることを考えると、一般的に出向とは、「一定期間後に出向元に復帰することが予定されているもの」と考えるのが自然でしょう。そうすると、「出向を命じることがある」旨の一般的・包括的な出向規定のみでは、労働者に片道切符出向を命じることは難しいでしょう。
裁判例においても、労働者が包括的に同意したのは、「採用時の就業規則・出向規程による出向であって、復職を前提とするものであり、定年退職時まで復職を認めないというようなものまでをも含む趣旨であったとはいい難い」として、片道切符出向を認めない判断を示したものがあります。(参考資料①)

2.片道出向が認められるケース

ただし、一般的・包括的な出向規定(就業規則)しか設けられていなかったとしても、実態として、片道切符出向が日常的に行われているような場合には、そのような慣行と相まって片道切符出向が認められる可能性があります。
なお復帰を予定しない片道切符出向は、一般に労働者に与える影響が大きいものと評価されるため、出向を命じるだけの必要性がなければ、出向命令権の濫用として無効とされる可能性があります。

<参考資料>
①JR東海事件(大阪地裁 平6.8.10決定)

回答者:本田和盛 社会保険労務士(あした葉経営労務研究所 代表)
http://profile.allabout.co.jp/pf/honda/

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品