jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

[2010.12.02]

減給の制裁の限度額(賃金総額の10分の1)の「賃金総額」の意味を教えてください。


A 賃金総額とは、当該賃金支払期に対し現実に支払われるべき賃金の総額を意味します。

1.減給の制裁

労働基準法(91条)は、減給の制裁として「1回の額が平均賃金の1日分の半額を超えてはならない」旨定め、ついで「減給額の総額が1賃金支払期における賃金総額の10分の1を超えてはならない」と、減給処分に対して2重の制限をかけています。
上記の趣旨は、1賃金支払期に数回の減給事由があった場合でも、その減給の総額の上限(1賃金支払期の賃金総額の10分の1)を設定することで、過大な減給により労働者の生活が脅かされることを防止することにあるとされています(参考資料①)。
また労働基準法が減給の上限を設定しているのは、過酷な賃金減額から労働者を保護するためだけではなく、使用者の減給処分の恣意性を排除する目的もあります。たとえば減給額の計算に「平均賃金」を用いることで、3カ月間という期間での平準化された賃金額を基準に客観的な減給額を計算することができます。

2.「賃金の総額」の意味

「1賃金支払期における賃金総額」は、当該賃金支払期に対し「現実に支払われるべき賃金の総額」(参考資料②)となります。したがって、1賃金支払期における賃金総額が欠勤・遅刻等による賃金カットで少なくなった場合でも、現実に支払われる少なくなった後の賃金総額の10分の1が上限となります。これも過大な減給で労働者の生活が脅かされることを防止する趣旨からです。

<参考資料>
①昭23.9.20 基収1789号
②昭25.9.8 基収1338号

回答者:本田和盛 社会保険労務士(あした葉経営労務研究所 代表)
http://profile.allabout.co.jp/pf/honda/

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

キーワード

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品