jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

[2010.12.02]

同一の非違行為に対して、重ねて懲戒処分を行うことはできますか。


A 一度懲戒処分の対象となった特定の行為に対して、再度処分を行うことはできません。

1.一事不再理の原則(二重処分の禁止)

一事不再理の原則とは、同一の事件については、再度の審理を行うことができないという原則のことです。刑事事件では、一度刑罰を与えた事件について、再度刑罰を与えることはできません。使用者が労働者に懲戒処分を行う場合でも、この一事不再理の原則が当てはまります。裁判例(参考資料①)には、「一事不再理の法理は、私的制裁規範である就業規則の懲戒事由にも該当する」と判示したものがあります。
ところで子会社に出向している労働者の同一の非違行為に対して、出向先と出向元がそれぞれ懲戒処分を行うことはできるでしょうか。これについては、出向元と出向先がそれぞれ別個の懲戒権を持っている場合、それぞれの懲戒権に基づいて懲戒処分を行うことは可能です(参考資料②)。

2.非違行為(非行・違法行為)を繰り返した場合の処分

就業規則の懲戒事由に、「従業員が譴責、減給、降格、または出勤停止の処分を受けたにもかかわらず改悛の見込みがないときは諭旨解雇または懲戒解雇に処する」などの規定を置くことがあります。何度も非違行為を繰り返し、もはや改悛の見込みがないと認められる場合に、より重い懲戒処分である諭旨解雇または懲戒解雇に付することを規定したものです。こうした規定は、過去に行った懲戒処分に対して重ねて懲戒処分を行うように見えますが、同一の非違行為に対して複数回の処分を課すことにはなりませんので、一事不再理の原則には反しません(参考資料③)。
なお同様の非違行為を繰り返し「改悛の見込みがない」ということで、今回の処分を重くすることは許されますが、単に反省をしていないというだけで懲戒処分を課すことは認められません。

<参考資料>
①中央タクシー事件(徳島地裁 平10.10.16判決)
②勧業不動産販売・勧業不動産事件(東京地裁 平4.12.25判決)
③平和自動車交通事件(東京地裁 平10.2.6決定)

回答者:本田和盛 社会保険労務士(あした葉経営労務研究所 代表)
http://profile.allabout.co.jp/pf/honda/

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

キーワード

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品