jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

[2010.12.02]

残業時間の割増賃金を計算する場合、端数処理を行ってもいいのですか?


A 1日単位での端数処理はできませんが、1月単位であれば可能です。

1.割増賃金計算の原則

賃金は、原則としてその「全額」を支払わなければならないこととなっています(労働基準法24条)。しかし賃金計算事務の簡素化のために、一定の端数処理を行うことは認められています(参考資料①)。

2.端数処理の方法

①1カ月における時間外労働、休日労働、及び深夜業の各々の時間数の合計に1時間未満の端数がある場合、30分未満の端数を切り捨て、それ以上を切り上げること。
②1時間当たりの賃金額および割増賃金額に円未満の端数が生じた場合、50銭未満の端数を切り捨て、それ以上を1円に切り上げること。
③1カ月における時間外労働、休日労働、及び深夜業の各々の割増賃金の総額に1円未満の端数が生じたときに前記②と同様に処理すること。

ただし、①③について、1日ごとに同様の処理をすることは違法となります。

<参考資料>
①昭63.3.14 基発150号

回答者:本田和盛 社会保険労務士(あした葉経営労務研究所 代表)
http://profile.allabout.co.jp/pf/honda/

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品