jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

[2010.12.02]

遅刻した時間を、終業時刻後の残業で埋め合わせしてもいいのですか?


A 遅刻した時間を、終業時刻後の労働で埋め合わせることは基本的に可能です。

1.法定時間外労働

1日について法定労働時間(8時間)を超えて労働させた場合は、法定時間外労働となり割増賃金の対象となります。この法定時間外労働となるかどうかは、実労働時間で判断します。たとえば所定労働時間が8時間の事業場で2時間遅刻した従業員を、終業時刻後に3時間働かせた場合、実労働時間は9時間となり、法定時間外労働は1時間となります。このように同一日の遅刻時間を、終業時刻後の労働で埋め合わせすることができます。(参考資料①)

2.法内超勤の場合

所定労働時間が法定労働時間より短い場合で、時間外労働が法定労働時間を超えていない残業を「法内超勤」(法内時間外労働)といいます。この法内超勤であれば別の日の遅刻や早退時間に充てることは可能です。ただし両方の日が、同一賃金計算期間内であることが条件です。
これに対してある日の法定時間外労働と別の日の遅刻・早退とは、相殺できません。法定時間外労働となるか否かは、実労働時間が1日につき8時間を超えたかどうかで判断します。そして8時間を超えた場合は、その時点で割増賃金の支払い義務が確定しますので、別の日の遅刻・早退と単純には相殺できないのです。
法定時間外労働も含めて労働時間を相殺しようとするなら、フレックスタイム制を導入することです。

<参考資料>
①昭29.12.1 基収6143号

回答者:本田和盛 社会保険労務士(あした葉経営労務研究所 代表)
http://profile.allabout.co.jp/pf/honda/

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

キーワード

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品