jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

[2010.12.02]

管理職になると、時間外・休日労働の法律的な規制は適用されないのでしょうか?


A 名ばかり管理職の場合は、時間外・休日労働に関する法規制が適用されます

1.労働時間、休憩、休日の原則

労働基準法(32条)では、1週40時間、1日8時間の法定労働時間を定め、これを超える労働を禁止しています。
同様に、使用者は、労働時間が6時間を超える場合は少なくとも45分、8時間を超える場合は少なくとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に与える義務があります(労働基準法34条1項)。
休日についても、毎週少なくとも1回あるいは4週間を通じ4日以上の休日を与えることを義務づけています(労働基準法35条)。

2.労働時間、休憩、休日の原則の適用除外

ただしこれら労働時間、休憩、休日の原則を適用しない下記例外もあります(労働基準法41条)。

①農業、畜産・水産業の事業に従事する者
②監督もしくは管理の地位にある者または機密の事務を取り扱う者(管理監督者等)
③監視または断続的労働に従事する者で、使用者が行政官庁の許可を受けた者

3.名ばかり管理職

労働時間、休憩、休日の原則が適用除外される「管理監督者」とは、これらの原則が適用除外されても、なんら保護に欠けることがない程度に優遇された管理職を指します。名前だけ管理職にすれば、「労働時間、休憩、休日の原則」の適用からはずれ、割増賃金を支払う必要がないと考えることは早計です。
通達(参考資料①)では、管理監督者について、「労働条件の決定その他労務管理について経営者と一体的立場にある者をいい、名称にとらわれず、職務内容、責任と権限、勤務態様など実態に即し判断すべきもの」とし、具体的な判断基準を示しました。

<参考資料>
①昭22.9.13 発基17号、昭63.3.14 基発150号

回答者:本田和盛 社会保険労務士(あした葉経営労務研究所 代表)
http://profile.allabout.co.jp/pf/honda/

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品