jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

[2010.11.30]

労働基準法上の「賃金」には、どのようなものがありますか?


A 賃金とは、労働者が提供した労働サービスに対する対価です。賃金は、使用者が労働者に支払うすべてのものが対象となりますので、金銭以外のものも含まれます。

1.労働基準法における賃金

賃金は労働者が提供した労働サービスに対する対価ですが、労働基準法では、これを「労働の対償」という言葉で表現しています。「労働の対償」とは、労働契約に基づいて労働者が提供した労働の見返りとして、使用者が労働契約に基づいて支払うものという意味です。
使用者が「労働の対償」として労働者に支払うものであれば、賃金、給料、手当、賞与など名称を問わず、すべてのものが賃金となります。

2.賃金は使用者が労働者に支払うもの

賃金は、労働契約に基づいて使用者が労働者に支払うものですので、例えば、ホテルや旅館、レストラン等での「チップ」は賃金とはなりません。チップは、お客が従業員に対して支払うもので、使用者が支払うものではないからです。
ただし「チップ」も使用者がいったん受け取り、それを使用者から労働者の手に渡った場合は、賃金となります。

3.賃金は契約に基づいて労働者に支払うもの

労働者は使用者と労働契約を結ぶことで、使用者の指揮命令を受けるようになりますが、このような労働者と使用者との関係を「使用従属関係」といいます。この使用従属関係の下で行われる労働の対価として、使用者が労働者に支払うものが賃金です。

4.賃金になるもの・ならないもの

使用従属関係に基づかない、使用者が任意で支払う結婚祝金などは賃金にはなりません。ただし、任意で恩恵給付的に支払われるものであっても、就業規則等に支払い条件が明確に定められていれば、契約に基づくものとして賃金となります。通勤手当も就業規則に規定があれば、賃金となります。
一方、会社契約の生命保険料など、福利厚生関係は賃金になりません。ただしこれも、労働者が本来負担するべき税金、社会保険料を使用者が負担した場合は、賃金になります。
ほかに実費弁済的な出張旅費や、作業服など業務費に属するものも賃金ではありません。

回答者:本田和盛 社会保険労務士(あした葉経営労務研究所 代表)
http://profile.allabout.co.jp/pf/honda/

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

キーワード

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品