jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

[2010.11.30]

パートタイマー用の就業規則がない場合、正社員の就業規則がそのまま適用されるのですか?


A その可能性は大きいです。トラブル発生の原因となりますので、就業規則を分けることをお勧めします。

1.就業規則の効力と労働者

就業規則の作成義務がある事業場では、正社員以外にもパートタイマーや嘱託社員など雇用形態が異なる従業員がいる場合があります。就業規則は合理的な内容のものであれば、労働者に周知した時点から効力を持ちます。周知した就業規則が正社員用の就業規則のみである場合、その効力は、その就業規則が適用になる事業場のすべての労働者に及ぶと考えられます。

2.就業規則の適用とパートタイマー

正社員用の就業規則の適用からパートタイマーを除外することは可能です。ただし、パートタイマー用の就業規則を作成しないで、パートタイマーのみ除外することは、パートタイマーに適用される就業規則がないことになり、就業規則の作成義務違反となります。

3.就業規則の最低基準効

就業規則には、個別の労働者と締結する労働契約よりも強い効力が認められています。具体的には、労働契約で取り決めた労働条件よりも、就業規則に記載されている労働条件の方が労働者にとって有利である場合、就業規則の労働条件が適用となります。つまり就業規則は、労働条件の最低基準を設定していることになります。これを就業規則の「最低基準効」といいます。

そうすると、パートタイマーの労働契約と就業規則を比較して、就業規則の方が有利であれば、就業規則の規定が適用されることになります。

4.パートタイマー向け就業規則作成の勧め

パートタイマーは正社員と比べ簡易な手続きで採用され、労働条件も正社員とは異なることを理解して入社していることから、パートタイマーには正社員の就業規則が適用されないとする見解があります。

しかし、就業規則には「最低基準効」という強い効力がありますので、無用のトラブルを生じさせないためにも、パートタイマー向けの就業規則を作成することをお勧めします。

回答者:本田和盛 社会保険労務士(あした葉経営労務研究所 代表)
http://profile.allabout.co.jp/pf/honda/

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品