jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

[2010.11.30]

パートタイマー就業規則を作成・変更・届け出する場合の留意点について教えてください


A パートタイマーを対象とした就業規則を作成する場合は、なるべくパートタイマーを代表する意見を聴くようにしてください。

1.パートタイマー向け就業規則

就業規則の作成義務がある事業場(常時10人以上)に、正社員以外にもパートタイマーや嘱託社員など雇用形態が異なる従業員がいて、雇用形態別に労働条件を変える必要がある場合は、正社員向けの就業規則に加えて、パート向けの就業規則等を作成することができます(参考資料①)。

正社員以外の就業規則を作成する場合は、就業規則の本則において、「正社員以外の労働者については本規定を適用しない」といった適用除外規定や、「パートタイマーについてはパートタイマー就業規則を適用する」といった委任規定を設けることが一般的です。

2.就業規則の届け出の際の意見聴取

就業規則を作成して労働基準監督署に届け出る場合、事業場の過半数組合または過半数代表者(以下、過半数代表者)の意見を聴くことになっています(労働基準法90条)。パートタイマー就業規則も就業規則の1つですので、過半数代表者の意見を聴かねばなりません。この場合の過半数代表者ですが、あくまでも事業場の労働者の過半数であって、パートタイマーの過半数ではありません。

3.パートタイマーの意見聴取

しかし、パートタイマー就業規則に、パートタイマーの過半数代表者の意見が反映されないのも適当ではありません。特に、正社員を構成員とする過半数組合がある場合は、実質的にパートタイマーの意見は反映されません。

そこで、パートタイム労働指針(パートタイム労働法)では、パートタイマー(短時間労働者)の過半数で組織される労働組合もしくは、パートタイマーの過半数を代表する者の意見を聴くよう、使用者側の努力を求めています。

<参考資料>
①昭63.3.14 基発150号、平11.3.31 基発168号

回答者:本田和盛 社会保険労務士(あした葉経営労務研究所 代表)
http://profile.allabout.co.jp/pf/honda/

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品