jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

[2010.11.30]

就業規則の届け出る際に意見を聴く労働者の過半数代表者は、どのように選出したらいいですか


A 労働者の過半数代表者は、投票、挙手等民主的な手続きで選出する必要があります。使用者が一方的に代表者を指名することはできません。

1.就業規則の届け出の際の意見聴取義務

就業規則を作成して労働基準監督署に届け出る際に、労働者の集団的意見を反映させることを目的に、事業場の労働者の過半数代表者の意見を聴くことになっています(労働基準法90条)。違反した場合には、30万円以下の罰金に処せられます(労基法120条1号)。

2.過半数代表者

過半数代表者は、次のような者です。

①事業場に労働者の過半数で組織する労働組合がある場合にはその労働組合(過半数組合)
②過半数組合がない場合には労働者の過半数を代表する者(過半数代表者)

「労働者の過半数」の「労働者」には、正社員、パートタイマー、アルバイト、嘱託社員、管理監督者等、直接雇用関係がある労働者すべてが含まれます。ただし管理監督者は過半数代表者にはなれません。

3.過半数代表者の選出方法

事業場に過半数組合がない場合は、労働者の過半数代表者を選出しなければなりません。この場合、「就業規則の作成・変更についての意見聴取を行うことを明らかにして」、投票、挙手等の方法による民主的な手続きで過半数代表者を選出します。

このような選出方法をとらずに、既存の社員会や親睦会の代表者を過半数代表者とすることはできません。選出したとしても無効となります。

4.意見聴取

過半数組合や過半数代表者の意見聴取ですが、単に意見を聴けば足ります。同意を得る必要はありません。

回答者:本田和盛 社会保険労務士(あした葉経営労務研究所 代表)
http://profile.allabout.co.jp/pf/honda/

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品