jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

BOOK REVIEW 【編集部】 [2010.10.07]

BOOK REVIEW(7)働くことへの新たな価値を見出せる10のストーリー


『日本でいちばん働きがいのある会社(2010年度版)』

和田 彰編著 中経出版
B6判・272ページ 1365円(税込み)

日本でいちばん働きがいのある会社

日本でいちばん働きがいのある会社 Great Place to Work(R) Institute Japan 和田彰
おすすめ平均
stars人は、貴重な財産
starsストーリーがあり、読みやすい
Amazonで詳しく見る


世界44カ国で実施されている企業評価「働きがいのある会社ランキング」。著者が参画しているGPTWジャパン(Great Place to Work® Institute Japan)が認定、および『日経ビジネス』(2010年3月1日号)でランキング発表した上位25社のうち、特色ある取り組みを行っている10社の実例を紹介する本書。

調査の際にこだわっているのは「従業員(社員)から見て」の“働きがい”。そこで最も重要なのは《信頼》であり、それを構成する要素には【信用】【尊敬】【公正】、また、所属する組織・会社に対する【誇り】、さらに従業員同士の【連帯感】という5つの指標です。

つまり、「働きがいのある会社」の定義とは、「従業員が、勤務している会社や経営者・管理者を《信頼》し、自分が行っている仕事に【誇り】を持ち、一緒に働いている仲間と【連帯感】が持てる会社」ということになるわけです。

本書で紹介されている <働きがいのある会社10社>
ワークスアプリケーションズ/サイバーエージェント/マイクロソフト/
Plan・Do・See/三井住友銀行/ディスコ/堀場製作所/キッコーマン/
東京海上日動システムズ/日本ベーリンガーインゲルハイム

※Plan・Do・See、キッコーマン、東京海上日動システムズは、ジンジュールでもその取り組みの一部を紹介しています。

各社ごとに、経営者や人事担当者が“語り部”の役割を果たしながら、「働きがいのある会社」となるまでをストーリー仕立てで紹介しています。試行錯誤しながら徹底した努力と工夫で、やりがいのある働きやすい環境や制度を向上させていく経緯は、まさにノンフィクションのドラマそのものです。

働きがいのある会社を目指す経営者や、そんな職場になってほしいと願うビジネスパーソンにぴったりの本書。働くことへの新たな価値を考えるきっかけになりそうな1冊です。



■目次

日本でいちばん働きがいのある会社 ~10のStory
Story 1 株式会社 ワークスアプリケーションズ
Story 2 株式会社 Plan・Do・See
Story 3 株式会社 サイバーエージェント
Story 4 マイクロソフト 株式会社
Story 5 東京海上日動システムズ 株式会社
Story 6 株式会社 ディスコ
Story 7 株式会社 堀場製作所
Story 8 キッコーマン 株式会社
Story 9 株式会社 三井住友銀行
Story 10 日本ベーリンガーインゲルハイム 株式会社

■著者profile
和田 彰 わだあきら
Great Place to Work® Institute Japan代表
日系大手メーカー人事部門、米系コンサルティングファーム、日系コンサルティングファームにて、一貫して従業員の視点を重視した人事企画およびコンサルテーションを推進。韓国において、人事コンサルティング事業および企業内研修事業の立ち上げを行った後、Great Place to Work® Institute Japanに参画。


労務管理、人事評価、ハラスメント対応など充実のコース!

労務行政eラーニング 詳しくはこちら

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品