jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

ビジネスパーソンに贈る今日の一言【日本人事】 [2012.01.23]

人事には、目に見えない経営者の志を見抜く力、経営理念を実現させるという腹のくくり方が大切――財団法人直島福武美術館財団 事務局長 金代健次郎氏(46)


『日本人事』スピンオフ企画-経験から紡ぎ出された名句名言(46)
ビジネスパーソンに贈る今日の一言

「人事は、経営者が何を考えているのかを常に探っていなければいけません。目に見えない経営者の志を見抜く力、経営理念を実現させるという腹のくくり方が大切です」
(財団法人直島福武美術館財団 事務局長 金代健次郎氏)

1986年頃、福武書店は全社で1000人ぐらいの従業員規模になっていた。金代氏は87年、37歳で人事部長になり、90年には人財組織部に改組されて、人財組織部長になった。95年にベネッセコーポレーション(以下、「ベネッセ」と省略)に社名変更した後も、組織や人事、経営企画などを担っていたのが金代氏だった。自己の能力を十分に生かしきることができる、大きなステージに恵まれたのも事実である。組織と人事、そして経営を通じて金代氏が考えることは…。

「人事は、経営者が何を考えているのかを常に探っていなければいけません。目に見えない経営者の志を見抜く力、経営理念を実現させるという腹のくくり方が大切です。人事の仕事は従業員の人生をいじくっている部分があるので、とてつもなく責任が重いと思います」



※人事業務に役立つ書籍やセミナー、サービス情報をお届けしているWEBサイト「jinjourオンラインマーケット」で『日本人事~人事のプロから働く人たちへ。時代を生き抜くメッセージ~』の内容見本を電子ブック形式でご紹介しています。


労務管理、人事評価、ハラスメント対応など充実のコース!

労務行政eラーニング 詳しくはこちら

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

シリーズ記事

キーワード

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品