jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

ビジネスパーソンに贈る今日の一言【日本人事】 [2011.12.06]

人事はノブレス・オブリージュ(高貴さゆえの義務を果たす)たれ――株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ 元・取締役 桐山 大介氏(19)


『日本人事』
スピンオフ企画-経験から紡ぎ出された名句名言(19)
ビジネスパーソンに贈る今日の一言

『人事はノブレス・オブリージュ(高貴さゆえの義務を果たす)たれ』と常に言われ続けました。会社がいざというときになったら、一番先に死ぬのが人事なのです
(株式会社 テイクアンドギヴ・ニーズ  元・取締役 桐山 大介氏)

大学卒業後に入社した日本軽金属(日軽金)で、人事パーソンとしてキャリアを積んだ桐山氏。34歳のときに、全社的なリストラに携わるという大きな修羅場を経験した。早期退職の実務担当を命じられ、普段一緒に飲みに行っていた先輩たちに引導を渡すことになる。このつらい経験が、桐山氏にとって人事の役割、使命とは何かについて改めて考える契機になったという。

「この業務の前後は、それこそ血の池に布団を敷いて寝ているような感じでした。お世話になった人事部の先輩や上司も何人も辞めていきました。人事部の先輩は、いろいろな意味で、腹を切るときは皆、潔く切るのです。人事部にいて、私は『人事の使命とはなんだ』『会社における人事の役割とはなんだ』と、この原点に絶えず立ち返って物事を考えることを教わりました。そして、『人事はノブレス・オブリージュ(高貴さゆえの義務を果たす)たれ』と常に言われ続けました。第1次世界大戦に従軍した兵士のなかで、イギリスの貴族の子弟の戦死者が多かったように、『会社がいざというときになったら、一番先に死ぬのが人事だ』と」



※人事業務に役立つ書籍やセミナー、サービス情報をお届けしているWEBサイト「jinjourオンラインマーケット」で『日本人事~人事のプロから働く人たちへ。時代を生き抜くメッセージ~』の内容見本を電子ブック形式でご紹介しています。


管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

シリーズ記事

キーワード

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品