jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

ビジネスパーソンに贈る今日の一言【日本人事】 [2011.12.02]

大事なものを守るという前提で、経営戦略と人事戦略を一体化することが重要――丸山高見 アサヒビール株式会社 常務取締役(17)


『日本人事』
スピンオフ企画-経験から紡ぎ出された名句名言(17)
ビジネスパーソンに贈る今日の一言

大事なものを守るという前提で、経営戦略と人事戦略を一体化することが重要です。経営戦略を踏まえたうえで、人事戦略をどうするのかという発想ができなければ、これからの人事は機能しないと思います
(丸山高見 アサヒビール株式会社 常務取締役 常務執行役員 経営企画本部長兼人事部長)

多くの企業がグローバル市場に打って出るなど、経営環境は大きく変わってきている。5~10年先がどうなるのか分からない先行き不透明な状況下で、人事パーソンの果たすべき役割も大きく変わってくる。今後、どういう姿勢で臨んでいけばいいのか。丸山氏は、戦略論や合理性の感覚を身に付けてほしいと指摘する。

『グローバル戦略にしても、今の仲間を大事にする風土を壊してまで展開することはあり得ません。いろいろな改革をするにしても、このすばらしい人間集団、商品を愛し、全社一丸となって戦うパワーを持つ文化・風土を守るという前提の改革でなければなりません。大事なものを守るという前提で、経営戦略と人事戦略を一体化することが重要です。今、MBA教育など若い人は一所懸命に勉強していますが、人事部員なら、なおさら経営論やアカウンティングを勉強し、経営戦略を踏まえたうえで、人事戦略をどうするのかという発想ができなければ、これからの人事は機能しないと思います』



※人事業務に役立つ書籍やセミナー、サービス情報をお届けしているWEBサイト「jinjourオンラインマーケット」で『日本人事~人事のプロから働く人たちへ。時代を生き抜くメッセージ~』の内容見本を電子ブック形式でご紹介しています。


管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

シリーズ記事

キーワード

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品