jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

ビジネスパーソンに贈る今日の一言【日本人事】 [2011.11.14]

チャレンジする人材を増やしていくことが、人事の最大の役割―高野幸洋 株式会社資生堂 人事部部長(現・監査部長)(4)


『日本人事』
スピンオフ企画-経験から紡ぎ出された名句名言(4)
ビジネスパーソンに贈る今日の一言

新しい商品やサービスの価値をつくり出していくことにチャレンジする人材を増やしていくことが、人事の最大の役割です。
(高野幸洋 株式会社資生堂 人事部部長〈現・監査部長〉)

 企業において、一人ひとりの社員の力を引き出す役割を担い、企業競争力のカギを握る人事部。経験豊富な人事パーソンに、仕事を通じて味わった「つらさ」「喜び」「やりがい」など、 人事として働くことの原点・本質を語っていただいた 『日本人事─NIPPON JINJI』。

このスピンオフ企画では、日本企業を支えてきた人事パーソンたちによる、心揺さぶられる言葉の数々をご紹介していきます。

―人事を経て中国の合弁会社社長に就任した高野氏が、現地での事業の成功とグローバル展開に立ち後れる日本企業への危惧を含めて語る「人事の役割」とは…

「次の価値を生み出していくことは人間にしかできませんし、そこを従業員に一番期待したいところです。経営がうまくいかなくなると、いきなりコストの問題がクローズアップされ、人を削れといった話になります。そういう後ろ向きだけで、何も見いだせない企業は淘汰されるより仕方がない。今後は最先端を走れる企業だけが生き残っていく時代になると思っていますし、それを目指すべく従業員が意欲を持ってがんばるようにしていきたいと考えています」


※人事業務に役立つ書籍やセミナー、サービス情報をお届けしているWEBサイト「jinjourオンラインマーケット」で『日本人事~人事のプロから働く人たちへ。時代を生き抜くメッセージ~』の内容見本を電子ブック形式でご紹介しています。


管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

シリーズ記事

キーワード

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品