jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

職場のメンタル危険サイン 【鈴木安名】 [2010.07.28]

不眠注意報!その2:睡眠負債でデフォールト? ~鈴木安名医師の 職場のメンタル危険サイン(4)


睡眠負債という言葉があります。毎日の寝不足を土日に一括返済しようとして、たくさん寝ると、眠りのリズムが崩れて、日曜日の晩に寝つきが悪くなり、月曜日がつらくなります。
平日の寝不足を減らし、土日は遊ぶことが脳を守る秘訣です。

*デフォールト:債務不履行。負債を払いきれなくなること。

CASE4:不眠 〜「感情労働」で生じる疲れに要注意!

昨年の春、製薬会社のMR(医薬情報担当者)として就職した宮田沙都子さん(24歳、女性)は最近、月曜日の朝が辛いのです。
寝起きが悪くて、とてもだるい。MRの仕事といえば、病院のドクターがお客で、専門家を相手に、薬品の効き目や副作用とかをプレゼンをするのは緊張するし、セクハラもどきの言動をあしらうのに気を遣うのです。いまだに食事に誘うドクターもいて嫌になるほど。

新人のころは一緒の先輩が上手に断ってくれたのですが、最近は一人で対応しなければなりません。
規則をたてに断るのですが、気を悪くされるのも営業に差し支えるので、にこやかに演技をしてかわすのは疲れます。

勤務形態はフレックスタイム制ですが、やはり営業職であるから、成果を出さなくてはならず、夜も遅くなります。最近、平日の疲れのために、土日は昼過ぎまで寝たり、ゴロゴロしたりしてのですが、休んでも疲れがとれず月曜の朝はぐったり出勤です。

1.平日の寝不足は休日には取り戻せない

ケースのように、平日の寝不足を土日の「寝ため」でカバーする人が少なくないのですが、それでは脳は守れません。実は、平日の寝不足には金利がつくのです。

寝不足は脳が借金(キャッシング)をするようなもので、実際、筆者のような研究者の業界では「睡眠負債」と呼んでいます。
毎日の寝不足という借金を土日に一括返済しようとして、たくさん寝ると、眠りのリズムが崩れて、日曜日の夜、寝つきが悪くなり月曜日の体調不良のもとになります。

このケースもひどくなると、出社困難にもなりかねません。

2.相手に非常に気を遣う仕事=感情労働

ケースのようにお客の気分を損ねないようにし、同時に自分のホンネを隠さなければならない仕事を「感情労働」といいます。
ケースのMRは技術的な営業ですが、その他にもキャビン・アテンダント、ナース、カウンセラー、電話サポート、保育士、教師などの対人サービス業務に加え、読者のような人事総務の方の仕事も自分や相手の感情を上手にコントロールしなければならないので感情労働といえます。

3.ぐったり疲労には積極的リフレッシュ

感情労働で生じる疲れを感情疲労といいますが、非常にぐったりするもので、肉体疲労や単なる精神疲労に比べて、“不快なだるさ”が特徴です。これをリフレッシュするには、クオリティーの高い眠りが必要です。

高い品質の眠りとは何かといえば、日中、ポジティブな活動をした後の睡眠です。

スポーツ、釣り、音楽、映画、ドライブ(バイクや自転車も)、園芸、パーティーや飲み会などが効果的で、ケースのようなゴロ寝や、前回述べた脳を疲労させるインターネットやゲームでは、疲れは解消されません。

4.人事総務は感情労働、アクティブな趣味を持とう!

人事総務の仕事といえば、社員のメンタルヘルス対応が典型的な感情労働で、消耗するような疲労が残ります。
他にも会社の幹部や役員の家族の葬式、解雇・雇止め問題、現場の管理職への気遣いなど、大多数が感情労働といえます。

ある人事担当者は、休日にはバイクでツーリング(いいですね~)をするのが何よりのリフレッシュといいます。

今、趣味のない方は、学生時代や子供のころやっていた趣味を復活させるのも良いでしょう。バンドをやっていた人はギター、ラジコンで遊んでいた人は、ラジコンヘリコプターとか……。ちなみに筆者の趣味は、山奥や海岸での鉱物採集です。


労務管理、人事評価、ハラスメント対応など充実のコース!

労務行政eラーニング 詳しくはこちら

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品