jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

採用支援業界の現状と活用のポイント [2012.03.01]

採用支援会社の選定ポイント

 
 市場が新しいこともあり、採用支援会社が提供するサービス内容・料金体系・品質はさまざまである。また、企業の事業形態や採用戦略によっても選定方法は異なってくる。例えば、ベンチャー企業で自社に採用機能やノウハウがほとんどなく、それでも毎年一定の新卒学生を採用したい場合は、“採用人数”を重視したほうがよいかもしれない。その一方で、現在、社内で安定した採用業務を行っているが、戦略的に外部委託を検討する場合には、“品質の安定度”を最も重視すべきだろう。
 このように、自社の現状を認識したうえで、最も適した採用支援会社を選定していただきい。そこで、ここでは自社に最も適した採用支援会社選定の考え方として、以下のようなケースを前提に選定のポイントを示していく。

(前提条件)
・中期的な成果を重視し、長期間の良好なパートナー関係を目指したい。
・業務品質を重要視し、その管理機能も外部化したい。
・コストはすべてを社内で行った場合よりも安く、流動費化したい。
 上記の前提で検討した場合に、採用支援会社選定のポイントは、下記のとおりである。

(採用支援会社選定のポイント)
①一定の実績があり、業界内での評価も高い
②業務品質に対する保証が文書化されている
③スタッフの管理・育成システムがしっかりしており、総じてスタッフの質が高い
④顧客志向が強く、目標達成意欲も強い
⑤基本的な業務プロセス・対応プロセスが標準化(システム化)されている
⑥見積もりが明確で、社内コストよりも安い

 もちろん、前提条件が違ってくれば、採用支援会社選定のポイントも変わってくるだろうが、特に②~⑤に関しては、あらゆる場合に共通するポイントと考えられる。

樋口 弘和(ひぐち ひろかず)
株式会社トライアンフ 代表取締役
1958年、東京生まれ。1982年早稲田大学商学部卒業後、日本ヒューレット・パッカード株式会社に入社。
以後20年近くにわたり、採用、教育、給与システムなどの人事部門に勤務し、コンピュータ事業部の人事部門を統括。米国本社でキャリア採用の現場やダイバーシティやワークライフバランスといった 最先端の人事を学ぶ機会に恵まれる。
1998年に人事・採用のアウトソーシングとコンサルティングを手掛ける株式会社トライアンフを設立。自ら 中小企業の経営者として採用、定着、育成に関して実践を重ねながら、その合間を縫って年間約80本の講演、取材、執筆活動に東奔西走の日々を送る。著書に『新入社員はなぜ「期待はずれ」なのか』(光文社新書)、『社長の人事でつぶれる会社、伸びる会社』(幻冬舎)など。自らのブログやメルマガ「トライアンフの種」でも、その実践体験から得られる経営視点で捉える人事の有益情報を発信している。
http://www.triumph98.com/


管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

シリーズ記事

キーワード

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品