jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

教育・研修分野の現状と階層別教育のポイント [2012.03.01]

階層別教育の手法


 教育体系の全体図を示したものが、[図表1]である。
 教育手法としては、研修のほかに通信教育や、eラーニング、外部セミナーの参加などがある。それぞれにメリット・デメリットがあり、場面や目的に応じて、使い分けが必要となる[図表2]。社内の制度や知識の習得であれば、eラーニングは効果的であるが、開発にコストがかかる場合もある。一方、階層別の教育のように、役割を認識し、意識変革に対する気づきを与え、スキルアップを図る手法としては研修が有効といえる。

図表1 企業における教育体系の全体像

図表2 教育手法別にみたメリット・デメリット


 ただ、現在の企業を取り巻く環境を考えると、経営的な視点から、よりタイムリーに、よりスピード感を持って、気づきとスキル・能力開発の機会を与えていく必要がある。その点で研修には一日の長がある。スピード感だけでなく、受講者間の交流や講師との双方向の討論を通じ、自らの視野を広げることが可能となる。この点を踏まえて、本稿では管理職、中堅社員、新入社員を対象とした階層別研修に絞って、最近のテーマと概要について考えてみたい。

株式会社日本経営協会総合研究所 組織経営ソリューション部 
勘田裕文/友成英隆/中島彩花/堀井直哉
弊社は、「人と組織のパフォーマンス最適化」のため、人と組織の相互進化を支援することを使命とし、事業を展開しています。
人事アセスメントツールの開発・提供・普及、企業の調査・診断、人材開発・育成事業など、人と組織に関わる幅広いサービスの提供を通じて、経営人事・組織人事における価値創造のパートナーを目指します。
http://www.noma.co.jp/index.html


労務管理、人事評価、ハラスメント対応など充実のコース!

労務行政eラーニング 詳しくはこちら

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品