jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Yahoo!ブックマーク

[2011.08.18]

IR(Investor Relations)

公開日 2011.08.18 深瀬勝範(社会保険労務士、人事コンサルタント)

IR(あいあーる)

 「Investor Relations」の略。企業が株主や投資家等に向けて、経営状況や財務状況等、投資判断に必要とされる情報を発信する活動のこと。具体的には、ホームページに財務状況に関する情報を掲載する、業績見通しに関する説明会を行う等、企業が社外に対して行う自主的な情報提供活動を指している。

 企業が行う情報開示(ディスクロージャー)には、金融証券取引法24条に基づく有価証券報告書の提出のように法令で義務付けられたものもあるが、IRとは、これとは別に、企業が独自の判断で行うものであり、情報の内容や提供方法は各企業において決定する。

 企業がIR活動を行う目的は、情報提供によって株主や投資家等の信頼を獲得して、そこからの資金調達を円滑に行うことにある。しかし、IR活動には「情報開示に伴うコストがかかる」「業績悪化などの情報を開示すれば、株主や投資家等からの資金調達がむしろ困難になってしまうおそれがある」等のデメリットもある。

 近年、IR活動は、企業イメージの向上にも大きな効果があるものと考えられており、各企業ともIR活動に積極的に取り組むようになっている。


管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品