jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Yahoo!ブックマーク

[2011.07.07]

持株会社

公開日 2011.07.07 深瀬勝範(社会保険労務士、人事コンサルタント)

持株会社(もちかぶかいしゃ)

 他の会社の株式を所有することによって、その会社の事業活動を実質的に支配している会社のこと。

 他社の株式の所有だけを目的として自社では事業活動を行わない「純粋持株会社」と、自社も事業活動を行う「事業持株会社」とに区分される。なお、金融機関の株式所有を目的とする会社を「金融持株会社」という。

 持株会社設立のメリットとして、次の点が挙げられる。

(1)グループ全体の戦略の実行は持株会社、個々の事業の運営は子会社、と役割分担を明確にすることにより、経営のスピード化を図ることができる。
(2)子会社を売却する、あるいは他社を買収して子会社とする等、M&Aを機動的に行うことができる。

 逆に、デメリットとしては次の点が挙げられる。

(1)持株会社の支配が強すぎると、子会社の独立性が失われて、事業活動に支障を来す。
(2)子会社間での連携が失われたり、事業の重複が生じたりすると、グループ全体としては効率性が低下する。

 純粋持株会社は、事業支配力が過度に集中するおそれがあるものとして、その設立は独占禁止法により禁止されていたが、1997年の法改正で解禁された。現在では、大企業や金融機関を中心に、多くの持株会社が設立されている。


管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品