jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Yahoo!ブックマーク

[2011.07.07]

CSR

公開日 2011.07.07 深瀬勝範(社会保険労務士、人事コンサルタント)

CSR(しーえすあーる)

 Corporate Social Responsibilityの略語。企業活動において、社会的公正やサスティナビリティ(持続可能性)の観点から、従業員、投資家、地域社会等の利害関係者に対して責任ある行動をとるとともに、説明責任を果たしていくことを求める考え方で、「企業の社会的責任」と訳される。

 具体的には、企業が、法令順守(コンプライアンス)、消費者保護、環境への配慮、人権擁護、労働者保護、社会貢献等へ取り組むことを指す。CSRに積極的に取り組む企業は、社会から高い評価を受けることにより、幅広い顧客や安定した株主を得て、事業の持続性を高めることができるものと考えられている。

 1990年代後半、欧米を中心に広まった考え方であるが、日本においても、2000年頃に企業不祥事が相次いで発生したことから、CSRが注目されるようになった。その後、世間的な関心の高まりを受けて、環境維持活動やワーク・ライフ・バランスに対する取り組み等が、CSRにおける重要課題として認識されるようになっている。

 厚生労働省でも、職場における長時間労働やストレス増大が社会問題となる中で、企業が労働に関するCSRを推進するための環境整備について調査・研究等を行っている。


管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品