jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Yahoo!ブックマーク

[2008.11.20]

スキャンロンプラン

公開日 2008.11.20 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社

スキャンロンプラン(すきゃんろんぷらん)
Scanlon Plan

●賃金総額を決定する方法の一つ。「売上高×標準労務費率」によって賃金総額を管理する考え方で、アメリカ鉄鋼労働組合のジョセフ・スキャンロンにより提唱された。

●スキャンロンプランは、過去の売上高と労務費の実績に基づいて「標準労務費率」を労使で設定し、これに売上高を乗じて算出した賃金総額と実際に支払った賃金との差異を「奨励給」として労働者に配分するというものである。この考え方は、合理的な人件費管理を実現するだけではなく、労務費率の設定を通じた労働者の経営参画や売上高増加分の賃金への還元により、労使協調や労働者のモチベーション向上にも寄与するものとされた。

●日本において、スキャンロンプランは成果配分の考え方として広まり、主に賞与原資の決定において用いられてきた。
  【スキャンロンプランの賞与原資の算式】
  賞与原資=「(売上高×標準労務費率)-既に支払った賃金総額」

●スキャンロンプランについては、「標準労務費率の設定が難しい」「(利益ではなく)売上高を基準としているため、労働者のコスト削減意欲を喚起することができない」等の問題点が指摘されており、近年ではほとんど使われてはいない。しかし、今日の人件費総額管理や業績連動型賞与の考え方の基礎となったという意味で、スキャンロンプランの果たした役割は大きい。


■関連用語
 ラッカープラン

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品