jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Yahoo!ブックマーク

[2008.10.06]

単純平均

公開日 2008.10.06 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社



●代表値の一つで、データの総和をデータ個数で割ったもの。相加平均、算術平均ともいう。

●単純平均は、様々な分析に用いられる、最も一般的な代表値である。特に注釈がなく「平均」という言葉が用いられていれば、単純平均のことを指している。

●単純平均は、複数のデータ群の比較において頻繁に使われるものであるが、安易に使うと誤った分析結果を導き出してしまうこともある。

●例えば、A社の従業員の賃金の単純平均が25万円、B社のそれが30万円だった場合、そのことだけで「B社のほうが賃金水準が高い」と判断することは誤りである。A社のほうが従業員の平均年齢が低く、同年齢の従業員どうしを比較してみると、A社のほうが賃金が高いということもあり得る。複数のデータ群について単純平均を比較するときには、調査対象の属性がそろっているかを確認しなければならない。

●また、単純平均は、極端に高い(または低い)データ(これを「外れ値」という)があると、その影響を受けやすい。単純平均を使うときには、併せてデータの分散状況も確認することが望ましい。



■関連用語
 平均値
 加重平均
 外れ値

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品