jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Yahoo!ブックマーク

[2008.10.06]

分散係数

公開日 2008.10.06 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社


●分布の広がりを表す指標。一般的には「四分位分散係数」と「十分位分散係数」が用いられ、それぞれ[算式](右上参照)で算出する。

●分散係数は、値が小さいほどデータの広がりの程度が小さいことを示す。最低値は0(分子が0となる場合)だが、最高値は定まらない(データの広がりかたによっては無限大まであり得る)。

●分散係数には「0.7以上は広がりが大きいことを示す」等の数値上の目安がない。したがって、分散係数は、同種類のデータ群同士で数値の大小を比較し、データの広がりの傾向をとらえるという形で用いられている。
 
●厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」の分布特性値には、産業別、役職別等の賃金の分位数や分散係数が掲載されている。企業内における従業員同士の賃金格差が広がる傾向にある中で、平均値を用いた「賃金水準の分析」と同様に、分位数や分散係数を用いた「広がり(格差構造)の分析」も重視されるようになってきている。



■関連用語
 中位数
 四分位数

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品