jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Yahoo!ブックマーク

[2008.10.01]

回帰分析

公開日 2008.10.01 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社


●(x1、y1)、(x2、y2)・・・のように組になった複数のデータについて、xによりyがどのように説明できるのかを分析すること。

●回帰分析では、一方のデータxを説明変数(独立変数)、他方のデータyを目的変数(従属変数)という。
説明変数と目的変数の関係を分析することにより、目的変数の傾向の把握や推計を行う。

●例えば、年齢をx1、x2・・・、その年齢に対応する賃金をy1、y2・・・とした場合、年齢xと賃金yとの関係を一次式(回帰式)y=ax+bで表すことにより、年齢上昇に伴う賃金の増加傾向を把握したり、データには存在しない年齢の賃金額を推計したりすることができる。回帰式の算出には、一般的には「最小二乗法」が用いられる。なお、年齢以外に勤続年数もデータに加え、説明変数を複数にした場合の分析を「重回帰分析」という。

●パソコンの表計算ソフトの普及により、複雑な計算を伴う回帰分析がだれでも簡単にできるようになった。
 現在、回帰分析は、官公庁が行う経済社会調査、企業が行う市場の分析及び経営状況の分析等、さまざまな場面で幅広く活用されている。


■関連用語
 最小二乗法
 相関係数

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品