jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Yahoo!ブックマーク

[2008.10.06]

標準偏差

公開日 2008.10.06 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社



●データの散らばりの度合いを示す指標。

●各データと平均値との差(「偏差」)を二乗したものの平均を「分散」といい、分散の平方根を「標準偏差」という。標準偏差が大きいほど散らばり度合いが大きいことを、逆に0に近いほど散らばり度合いが小さいことを示す。なお、標準偏差が0の場合は、偏差が0ということであり、すべてのデータが同じ値ということになる。

●正規分布となっている場合、平均値や分散にかかわらず、「平均値±σ」の区間にデータが入る確率は約68%、「平均値±2σ」の区間にデータが入る確率は約95%となる。平均値と標準偏差が分かれば、あるデータが全体のどのあたりに位置しているのか、およその見当をつけることができる。



■関連用語
 平均値
 正規分布

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品