jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Yahoo!ブックマーク

[2008.01.15]

ケースメソッド

公開日 2008.01.15 プライスウォーターハウスクーパース株式会社


ケースメソッドとは、ハーバード大学で採用され、その後多くの企業のビジネストレーニングの場で活用されている訓練技法である。

●受講者は、様々な観点から経営状況が書かれた複雑なケース(事例)を読み、情報を整理/分析し、絶対的な解は必ずしも存在しないテーマに関して、当事者の立場に立って意思決定を行ったうえで、今度はグループ討議の中で「自分はどのような意思決定を行ったのか」、「それはなぜなのか」を徹底的に議論する。

●メリットとしては、
 ①実際の事例から解決策を考えていくような、演繹(えんえき)的な経験をさせることで、
  問題の形成・把握・分析能力を啓発できる
 ②他者と意見をやり取りすることから、自分にはなかった観点に気づくことができる
 ③答えのない問題に取り組むことで、自由な発想力を啓発できる
 ――などがある。一方で、知識学習としてみると、個々の事例に関連する個別的な知識・観点しか獲得できない、というデメリットもある。

●ケースメソッドを主導するコーディネーターは、訓練すべき主題を想定してそのケースを取り上げる。したがって、コーディネーターは、受講者が型にはまらずに自由に討議できるよう促しながらも、予定されている訓練の主題が参加者に対して有効に課されるよう、ケースを誘導する役割があり、該当領域への深い知識が必要とされる。

●近年では、受講者の実践的な思考力向上をねらって、幹部職候補や管理職向けのトレーニングでよく活用されている。


■関連用語
管理職研修

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品