jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Yahoo!ブックマーク

[2008.01.15]

エンプロイメンタビリティ

公開日 2008.01.15 プライスウォーターハウスクーパース株式会社



エンプロイメンタビリティとは、企業の雇用能力、雇用可能性をいう。どれだけ魅力的で、優秀な人材を継続的に雇用することができる企業であるかということを表す(逆に、個人の「雇用され得る能力」のことをエンプロイヤビリティemployabilityという)。

●「企業の雇用能力」という言葉は、単に賃金支払い能力が高いということだけではなく、従業員のキャリア開発、より魅力的な職場や仕事の機会の提供、魅力的な人事制度――など、“総合的な企業の能力”という意味で使われることが多い。

●米国社会においては、労働市場の流動性が高く、個人においてもキャリアデザインを明確に意識して専門性を磨くことに力を入れている。そんな環境下で、優秀な人間を獲得し、つなぎ止めておくことはとても困難なため、企業はエンプロイメンタビリティを高めることに努力してきた歴史がある。

●近年では日本の人材市場でも、特に若年層において労働市場の流動性が高まる中で、企業によるエンプロイメンタビリティの向上に注目が集まっている。


■関連用語
 キャリア開発
 キャリア形成促進助成金制度

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品