jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Yahoo!ブックマーク

[2007.12.13]

資格試験

公開日 2007.12.13 プライスウォーターハウスクーパース株式会社



●人事評価上の資格試験とは、資格要件書等で定められた能力の有無を判別するための、社内職能資格の試験を指す。

●通常、現資格の経験年数等によって受験資格が社内で定められており、その条件を満たした者のみが受験できる。通常は年1回(または2回)行われる。

●実際の資格試験の内容は、会社ごとに、また資格(役職)、職種等により異なる。一般的なものでは、
 ・下級の資格では、実技、業務知識に関する筆記試験、面談など。
 ・上級の資格では、論文、課題に対するプレゼンテーション、インバスケット方式テスト
  ([注]受講者にある役割を想定させたうえで、未決の書類を次々に与え、短時間のうちに数多くの決済処理をさせ、その結果について検討させることによる能力の評価方式 )、社外の第三者(外部コンサルタント等)による面談など
 ――が実施されることが多い。

●現資格での経験年数や実績、過去の人事評価の成績等も考慮され、試験結果とあわせて総合的に合否が決定されることが多い。以前は、現資格での経験年数が重視される傾向があったが(年功序列的)、近年では、実績や資格試験の結果および将来への期待、本人の意欲等にウエイトを高く置く企業も増えている。


■関連用語
 人事評価
 管理職適性検査
 職能資格制度
 資格制度

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品