jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Yahoo!ブックマーク

[2007.11.07]

評価者訓練

公開日 2007.11.07 プライスウォーターハウスクーパース株式会社



評価者訓練とは、人事評価を行う社員に対して実施する訓練(トレーニング)のことを指す。考課者訓練、評定者研修などとも呼ばれる。

●新評価制度導入時、評価制度変更時、また新任管理職研修などの一部として実施されることが多いが、制度に変更がない場合、またすでに研修を受講した評価者に対しても、マネジメント力の向上のため、継続的に実践している企業が多い。

●従来の一般的な評価者訓練は、人事評価時に評価者が陥りやすい過ちや傾向等を学習し、個人の評価スキル向上を目的として実施していた。一方で近年では、より実践に即するという趣旨で、評価基準の定義や意味の理解に時間を割く傾向にある。また、具体的な事例を活用した訓練を行うことで、社内での評価者間の目線合わせの機会として実施しているケースも多い。

■関連用語
 ハロー効果
 中心化傾向
 寛大化傾向

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品