jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Yahoo!ブックマーク

[2007.11.07]

寛大化傾向

公開日 2007.11.07 プライスウォーターハウスクーパース株式会社



寛大化傾向とは、人事評価時に評価者が陥りやすい傾向の一つで、優劣にかかわらず、評価者が全員に対して評価を高めにつけてしまう傾向を指す(反対に厳格化傾向~Negative Leniencyとは、必要以上に評価を厳しくつけてしまう傾向を指す)。

●部下、部署、特定の業務・業績を把握しておらず、評価に自信のない場合、または部下に嫌われたくないという心理が働く場合などに、寛大化傾向に陥りやすい。

●この問題の解決のためには、評価者に「評価とは、人材の育成が最大の目的であること」を認識させたうえで、「部下の成長のためには現状(能力、成果等)に即した評価を行うことが重要である」という考えを徹底することが必要である。

■関連用語
 中心化傾向
 評価者訓練

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品