jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Yahoo!ブックマーク

[2007.08.02]

勤続給

公開日 2007.08.02 プライスウォーターハウスクーパース株式会社


勤続給とは、勤続年数によって決定する給与である。

●勤続給は、通常勤続年数が増えればその金額も上昇していくため、社員の勤続意欲を高める効果があり、終身雇用を前提とした、かつてのわが国の大企業共通の課題であった“人材のリテンション施策”として有効な給与項目であったと考えられる。

●今日では定昇がほとんどない企業や長期勤続による熟練を必要とする技能系社員のモチベーション対策として効果があると考えられている。

●その反面、中途採用社員にとっては不利な給与項目であるといえる。例えば新規学卒の社員と中途採用社員双方が同程度の能力を有している場合であっても、中途採用で入社してきた者の勤続給金額は低くなってしまうからである。

●ただし、「勤続年数が違うのに給与を同程度にすることは不公平である」「長期勤続社員に安心感を与えたい」などの理由で、同程度の能力を有していても勤続年数で差をつける、つまり勤続給を採用している(廃止していない)企業も見受けられる。

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品