jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Yahoo!ブックマーク

[2007.10.05]

所定外労働時間

公開日 2007.10.05 プライスウォーターハウスクーパース株式会社



所定外労働時間とは、就業規則等で定められた所定労働時間を超過して勤務した時間、すなわち早出、残業、臨時、呼出、休日出勤等の労働時間を指す。

●法定労働時間に達しない所定労働時間を定めている場合は、所定労働時間を超えて労働させた場合も、法定労働時間を超えない限りは1.25の割増賃金を支払う必要はなく、その時間については、通常の賃金のみ(=1)を支払えばよい。
(例:1日8時間の法定労働時間が適用される企業で、所定労働時間を7時間と定めた場合、従業員が2時間の残業をするとはじめの1時間は「通常賃金:割増不要」とすることが可能)

●よって、「時間外労働時間」などの表現を用いる際には、法定労働時間を超えるのか否かといった点を明示し、あいまいさを残さないよう、留意しなければならない。

 


■関連用語
 割増賃金
 所定労働時間

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品