jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Yahoo!ブックマーク

[2007.10.05]

36協定

36協定

公開日 2007.10.05 プライスウォーターハウスクーパース株式会社

36協定(さぶろくきょうてい)

36協定とは、使用者が労働者を法定労働時間外に働かせるため、労働者との間に締結することが必要な協定のことである。

●この協定は、労働基準法第36条において定められているため、一般的に36協定(三六協定)と呼ばれている。

●労働基準法で定める労働時間制は、法定労働時間(1週40時間・1日8時間)と、4種類の変形労働時間制が存在する(一部の業種・規模・職務などには特例、例外あり)。また、休日については1週1休日制と変形週休制を定めている。使用者が36協定なしにこれらの法定時間外に労働者に労働させることは労基法違反となり、その責任を問われることとなる。

●しかし、労使間(使用者と、労働組合または労働者の過半数を代表する者)で書面の協定を結んで労基署に届け出た場合、労働時間を超えた労働や、休日労働が認められる。

■関連用語
割増賃金
法定労働時間

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品