jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Yahoo!ブックマーク

[2007.10.05]

変形労働時間制

公開日 2007.10.05 プライスウォーターハウスクーパース株式会社



変形労働時間制とは、法定労働時間(40時間/1週、8時間/1日)に適合しない勤務体系をとるほうが業務遂行上適切である事業所において、業務に応じた労働時間の配分を可能とした柔軟な労働時間制度のことである。

●この制度を適用することによって、仕事の種類や事業の繁閑にあわせて労働時間を効率的に配置することが可能となる。この制度には、時間外労働の削減や休日の増加によって総労働時間の短縮を図るという意義もある。

●変形労働時間制では、一定の期間を単位とし、1週あるいは1日の法定労働時間を超える所定労働時間を設定することが許容される。
 超えた時間は、一定期間全体で法定労働時間の枠内にある限り、時間外労働には該当しない。

●単位となる期間として、1カ月、1年、1週間単位の変形労働時間制が認められている(但し、1週間単位の変形労働時間は、常時30人未満のサービス業のみ認められている特殊なケースである)。


■関連用語
 法定労働時間
 みなし労働時間制

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品