jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Yahoo!ブックマーク

[2011.05.09]

黄犬契約

公開日 2011.03.01 深瀬勝範(社会保険労務士、人事コンサルタント)

黄犬契約(おうけんけいやく)

労働者が労働組合に加入しないこと、または労働組合から脱退することを条件とする労働契約。このような労働契約を結ぶことは、労働組合の団結権を侵害するものであるから、不当労働行為として禁止されている(労働組合法7条1号)。

英語の「yellow dog contract」(yellow dogは、「卑屈な犬」の意味)を直訳したもの。アメリカでは、1935年に制定された全国労働関係法(National Labor Relations Act、通称:ワグナー法)で黄犬契約の締結が禁止された。

なお、労働組合法7条1号には、「ただし、労働組合が特定の工場事業場に雇用される労働者の過半数を代表する場合において、その労働者がその労働組合の組合員であることを雇用条件とする労働協約を締結することを妨げるものではない」との一文があるが、これは、雇用される労働者の過半数を代表する労働組合との間でユニオンショップ協定やクローズドショップ協定が締結されている場合、その労働組合への加入を条件とする労働契約は(実質的に、他の労働組合への加入を制限する効果があったとしても)、黄犬契約にはあたらないという解釈がなされている。


管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品