jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Yahoo!ブックマーク

[2009.08.07]

分散分析

公開日 2009.08.07 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社

分散分析(ぶんさんぶんせき)
analysis of variance

●複数のデータ群の散らばり方を分析することによって、データ群の平均の差が発生した効果(必然か、偶発か)を判定したり、三つ以上のデータ群の平均の差の有意性を判定したりする統計的な手法。

●例えば、モチベーションアップ施策の効果を判定するときに分散分析が用いられることがある。この場合は、施策実施前後に従業員の「やる気」を測定するアンケート調査を行い、回答結果の差(偏差)を、施策の効果によるもの(データ群間の偏差:必然的効果)と、回答者の個人差から生じるもの(データ郡内の偏差:偶発的効果)とに区分し、両者の「不偏分散(各データの偏差の二乗の合計値を自由度で除したもの)」の比率を算出する。この比率について統計的検定(F検定)を行い、データ群間の変動がデータ郡内のそれよりも有意に大きいものであれば、回答結果の差は必然的に発生したもので施策実施の効果があったと判定する。

●分散分析には、結果に影響を及ぼす要因(因子)のうち一つに着目する「一元配置」と、二つの因子を組み合わせる「二元配置」とがある。上記の例でいえば、回答結果を年齢別に区分けすれば、二元配置の分析となる。


■関連用語
検定

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品