jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Yahoo!ブックマーク

[2009.08.07]

検定

公開日 2009.08.07 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社

検定(けんてい)
hypothesis testing

●ある仮説を正しいといってよいかどうかを統計学的に判断する方法。「仮説検定」ともいう。

●従業員アンケートにおいて「コミュニケーションがよい」と回答した者の大多数が「職場に満足」と回答していれば、「コミュニケーションと職場満足度との間には密接な関係性がある」という仮説を設定しうる。ただし、この段階では、両者に関係性がないのに、偶然にそうなっているだけという可能性も否定できない。仮説の妥当性を検証するためには、このような回答結果が偶然に発生する確率を計算し、それがほとんど発生しないことを明らかにしなければならない。この仮説設定から、確率の計算、妥当性の判断までの一連の流れが「検定」(この場合は「カイ二乗検定」)である。

●上記の場合、「ほとんど発生しないものと判断する確率を5%未満とする」などと決めておかなければならない。この数値を「有意水準」または「危険率」という。

●検定の具体的な方法としては、t検定、F検定、カイ二乗検定などがあり、検定対象となるデータの性質によって、これらの方法が使い分けられている。


■関連用語
推定

 

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品