jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Yahoo!ブックマーク

[2009.07.17]

生産年齢人口

公開日 2009.07.17 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社



●15歳以上65歳未満の人口のこと。「国勢調査」(総務省統計局)では、年齢別人口を次の三つに区分している。
・年少人口:15歳未満の人口
・生産年齢人口:15歳以上65歳未満の人口
・老年人口:65歳以上の人口

●生産年齢人口は、労働市場にあらわれる可能性が高く、かつ家計における消費の主体となるものであるから、国の経済活動を支える人口ととらえられる。

●「2005年国勢調査」によると、年少人口は1752万人(総人口の13.7%)、生産年齢人口は8409万人(同65.8%)、老年人口は2567万人(同20.1%)である。前回調査(2000年)と比較すると、年少人口と生産年齢人口が減少し、老年人口増加しており、少子高齢化が進んでいることがうかがえる。

●この年齢3区分は、国立社会保障・人口問題研究所の「日本の将来推計人口」
にも用いられている。なお、「労働力調査」(総務省統計局)では、生産年齢人口ではなく、上限年齢を設けない「15歳以上人口」が用いられている。

 


管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品