jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Yahoo!ブックマーク

[2008.12.15]

毎月払いの原則、一定期日払いの原則

公開日 2008.12.15 あした葉経営労務研究所

 

●賃金は毎月1回以上、一定の期日に支払わなければならない。本規定は支払間隔が開きすぎること、支給日が不安定になることを防止し、労働者の生活の安定を図ることを目的としている。なお、本規定は臨時に支払われる賃金等には適用されない。

●毎月とは暦上の月をいう。ただし、賃金計算期間が暦と同一である必要はない(例えば、毎月21日~翌20日を賃金計算上の1カ月とし、25日を支給日とする等)。

●一定期日とはその期日が周期的に到来する特定の日をいい、例えば、毎月第4金曜日というような定め方は、月によって期間が変動するので原則として認められない(ただし、労働契約上、特定曜日にしか勤務しないパートタイマー等のみを対象とした場合は認められる)。

●支払日が休日に当たる場合は繰り上げ、繰り下げができる。就業規則等で特段の定めがない場合は、民法の原則(142条)により翌日が支払日となる。

■関連用語
通貨払いの原則
直接払いの原則
全額払いの原則

(あした葉経営労務研究所 代表/株式会社キャリア・ブレーン 認定キャリア・コンサルタント 本田和盛)


管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品