『高齢社員の処遇制度やライフ・キャリア研修の在り方』【半日】

セミナー概要

 労働力人口が減少する中、高齢社員を活用するために、処遇制度を見直す企業が相次いでいます。また最近は、定年後の継続雇用を見据えて50歳台前半社員にライフ・キャリアデザイン研修を、定年年齢前後社員にはシニア研修を、会社独自のやり方で実施する企業も増えています。
 65歳までの雇用確保はもちろんのこと、65歳超の高齢社員活用を見据えた企業対応も念頭に、高齢社員活用に関連する労働法や年金法の改正、雇用保険等の一部改正についても解説します。ぜひご参加ください。 

 

講義で使用致しますので、電卓・筆記用具を必ずご持参下さい

 

【本講座のポイント】

①高齢者雇用に必要な年金・労働法の知識と改正動向、企業の対応が分かります 
②処遇(賃金・評価制度・その他の処遇)や雇用の在り方を解説します 
③50歳からのシニア(ライフ・キャリア)研修のノウハウがわかります 

セミナー内容

 

労政時報セミナー 

発展講座群


 『高齢社員の処遇制度やライフ・キャリア研修の在り方』

                                                                 【半日】 

    ~処遇制度や研修のあり方と、高齢社員活用のために

                 知っておきたい労働法や年金、雇用保険の改正~ 

 

 

<主な内容> 
Ⅰ 高齢社員雇用に必要な労働関係法令の知識・改正動向と活用 
  1.高年齢者雇用安定法
  2.労働契約法
  3.有期雇用特別措置法
  4.労働者派遣法
  5.パートタイム労働法
  6.雇用保険法等の一部改正
  7.有期労働契約を巡る法規制
  8.社会保険関連法の改正
  9.その他の労働関連の動向
 10.多様な働き方の活用

 
Ⅱ 処遇制度の構築 
  1.高年齢者等職業安定対策基本指針の再確認と活用
  2.処遇制度構築の必要性(裁判例から見た処遇の考え方)
  3.処遇の多様化(高齢社員の処遇パターン)
  4.企業が最初にすべきこと

 
Ⅲ 賃金制度の構築 
  1.賃金とは何か
  2.賃金制度構築時の留意点
  3.賃金と年金と雇用保険の支給調整の仕組み(概要)  
   ※在職老齢年金・高年齢雇用継続給付の仕組みと最新情報(60歳台前半及び
65歳以降)
  4.60歳前後の雇用延長に対応する賃金パターン

 
Ⅳ 評価制度の構築と賃金設計 
  1.高齢社員の評価制度
  2.評価制度と賃金設計
  3.高齢社員雇用の対応として企業がすべきこと

 
Ⅴ シニア(キャリア)研修の実施 
  1.高齢社員の位置づけとタイプ別類型
  2.50歳対象のライフ・キャリアデザイン研修と定年年齢前後のシニア研修
  3.これからの人生を考える~リタイアメントライフデザイン~
  4.ファイナンシャルプランニングと家計バランスシート
  5.年金、医療や介護等の高齢者を取り巻く諸問題
  6.マインドチェンジ・キャリア支援
  7.実際の研修の概要紹介
   【参考】 私的保険(生命保険・損害保険)の種類と見直し
   【参考】 相続を考える
   【参考】 高齢社員雇用で活用したい助成金

 

 ※状況により、内容及び順番が変わることがあります
 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。
※上記表示価格はWEBからのお申し込みに適用される、受講者1名様ごとの特別価格です。
※FAXによるお申込みの場合、受講者1名様の受講料は以下のとおりです。
 「労政時報」購読会員:労働法ナビ会員特別価格:14,040円, 
  /一般参加:17,280円(いずれも税込)

すぐに注文する

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

関連セミナー

人事給与アウトソーシング実績NO.1のエイチアールワン株式会社