[2017.07.14]

BOOK REVIEW『グローバル展開企業の人材マネジメント-これだけはそろえておきたい英文テンプレート』

鈴木孝嗣 著
A5判/128ページ/1600円+税/経団連出版


BOOK REVIEW 
人事パーソンへオススメの新刊



 「良い人材を採用・配置・育成・評価して定着させる」という人材マネジメントの基本は世界のどこでも同じだ。しかし、日本企業が海外に事業展開していくに当たって、日本と異なる価値観や考え方を持つ現地の人材をマネジメントしていくには、日本人相手の手法とは異なる工夫が必要である。そこで本書は、海外でより効果的な人材マネジメントを実践するためのテンプレートを一冊にまとめている。

 グローバル人材マネジメントを成功させるには、経営理念や人材マネジメントの方針、企業統治のルールなどを見える化し、共有・徹底することが早道だと筆者は主張する。その際に有効なのが、マネジメントの標準的な枠組みや自社の強みを形式知化しておくことだという。本書ではそのためのツールとして、職務記述書や雇用契約書、後継者育成計画の様式や業績評価のガイドラインなどの英文テンプレートを日本語の解説とともに紹介している。

 専門用語が多い人事労務分野において、書類やメールを作成する際に「どう訳せばよいのか」「英語での表現方法が分からない」と悩むことも多いだろう。本書後半では人事労務に関連する用語の英語訳や、電子メール等で使えるフレーズも数多く収録。20年以上にわたる経験から培われた著者のノウハウを、海外の人材マネジメントを支える仕組みづくり、現地社員とのコミュニケーションにぜひ役立てていただきたい。

 



グローバル展開企業の人材マネジメント-これだけはそろえておきたい英文テンプレート

内容紹介 

日本を代表する大手企業などで20年以上にわたりグローバル人材マネジメントに携わってきた筆者が、グローバル人材マネジメントの標準的な枠組みを短期間で効率的に構築し、日本企業の強みや良さを前面に打ち出したグローバル経営を推進するための具体的ノウハウを解説します。

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

  • ログイン

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品