[2014.03.28]

BOOK REVIEW『大手を蹴った若者が集まる知る人ぞ知る会社』

オバタカズユキ 著/伊藤 豊 協力
フリーライター コラムニスト/スローガン株式会社 代表取締役社長 
四六判/224頁/1500円+税/朝日新聞出版 


BOOK REVIEW 
人事パーソンへオススメの新刊


 本書の協力者である伊藤 豊氏が代表を務めるスローガン㈱は、“ベンチャーヒューマンキャピタル”を標ぼうし、人材を求めるベンチャー企業と学生との橋渡しを行うユニークな取り組みで注目を集めている(「労政時報」第3852号―13.9.13で事例紹介)。「大企業に入れば将来は安泰」という時代は過去のものとなり、いわゆる難関大学から新卒でベンチャー企業を目指す学生は今後さらに増えていくと思われる。

 本書は、そうした学生たちにとってのターゲットともいえる新進気鋭のベンチャー企業5社を取り上げ、経営者の人となりやそこに新卒で参加した社員の声を紹介している。仕事中心の生活に意義を見いだし、激務に積極的に身を投じる若者たちの生き生きとした姿が描かれている。

 単純な「ベンチャー対既存企業」の対立構図を取っていないことも本書の特徴だ。伊藤社長は「やみくもにベンチャー企業を勧めているわけではない。自分の力で生きていくことに意味があるという価値観を提示している」と強調する。自身の力を高める意欲の高い学生に選ばれる企業であるために、彼らの価値観が詰まった本書は一読の価値がある。

 



大手を蹴った若者が集まる知る人ぞ知る会社 

内容紹介 
中小の成長企業を結びつける人材会社「スローガン」の伊藤豊氏が選んだ企業5社を、『会社図鑑』『大学図鑑』で知られるオバタカズユキ氏が徹底取材。優秀な人材が集まる成長企業のいまと、脱大企業の最先端を行く若者たちの就職観・仕事観に迫る、渾身のノンフィクション。  

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

  • ログイン

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品