[2012.03.02]

育児休業給付受給資格確認票・(初回)育児休業給付金支給申請書



以下よりダウンロードしてください。

ダウンロード

【申請するケース】
被保険者が、初回の育児休業給付金の支給を受けようとするとき

【主な添付書類】
●「雇用保険被保険者休業開始時賃金月額証明票(本人手続用)」(事業主が手続代理を行う場合は、「雇用保険被保険者休業開始時賃金月額証明書」として同時に提出)
●請求する支給対象期間における賃金額等を確認できる書類(賃金台帳、出勤簿)(育児休業中のため、請求する期間の賃金台帳や出勤簿を作成していない場合は、その旨を記載した書面を提出することで代用可能)
●母子健康手帳、育児休業申出書の写し

提出期限 初回申請については最初に支給を受けようとする支給単位期間の初日(育児休業開始日)から起算して4カ月を経過する日の属する月の末日まで
※提出期限の厳守は、ほかの手続きと比べてもかなり厳しい
提出場所 事業所の所在地を管轄する公共職業安定所

記入・申請のポイント(2回目以降の申請について)

● 育児休業給付金の申請は、1回につき2カ月ごとの申請になります。初回の支給申請が受理されると、コンピュータ出力された次回の「育児休業給付金支給申請書」が交付されます(それ以降の手続きも同様です)。
● 平成22年3月31日以前に育児休業を開始している場合、「育児休業基本給付金」と名称が異なっていますが、基本的に手続きの仕方は変わりません。育児休業基本給付金の請求が終了すると、最後に、コンピュータ出力された「育児休業者職場復帰給付金支給申請書」が交付されます。いずれも、提出期限は交付された申請書に明記されていますので、厳守してください。


櫻田篤人 (さくらだ あつひと)

櫻田人事労務事務所長
特定社会保険労務士

1987年東北大学大学院(工学研究科)修士課程修了
同年、㈱リクルート入社。採用・給与計算・情報システム等の業務に従事、その後2社にて人事制度、教育、労務(人員削減)等の人事労務畑の経験を積む
1994年社会保険労務士試験合格
1998年人事コンサルティング会社に入社。賃金・退職金制度や評価制度など数々の人事労務コンサルティングを手掛ける
2001年櫻田人事労務事務所を設立
2007年特定社会保険労務士資格取得
2009年八王子ライセンススクールにて、社会保険労務士受験講座の専任講師を担当

この届出書式記載例は、この解説は『まるわかり社会保険の手続きと基本』より抜粋しました。
(URL:http://www.rosei.jp/products/detail.php?item_no=2475

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

  • ログイン

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品