コンサルタントが世界一やさしく教えるビジネス思考【太期健三郎】 [2011.08.04]

物事を構造的、階層的に考える思考技術「ロジックツリー」:コンサルタントが世界一やさしく教えるビジネス思考(8)


コンサルタントが世界一やさしく教えるビジネス思考(8)
太期 健三郎 だいごけんざぶろう
ワークデザイン研究所 代表

ロジックツリーとは前回説明したMECE(モレなくダブリなし)の視点で、上位概念(抽象)から下位概念(具体)へ構造的に分解する思考技術です。全体と部分や、原因と結果という因果関係などを構造的にとらえ、チェックできる有効なものです。

ロジックツリーの「ロジック」は文字どおり論理、「ツリー」とは葉の茂った樹という意味です。問題の原因や解決策をMECE(モレなくダブリなく。前回のコラムで説明)の視点でツリー状に(樹形図のように)分解、整理する思考技術です。

[図表1] ロジックツリーとMECEの関係

問題の原因や解決策のアイデア出しをするため複数人でブレインストーミングをするときも、ただやみくもに行うよりも、ロジックツリーを使って「モレやダブリはないか?」「因果関係は正しいか?」などをチェックしていくと効率的に進めることができます。

ロジックツリーには「原因追求型」と「解決策検討型」の2種類があります。

◆原因追求型のロジックツリー

はじめに原因追求型のロジックツリーを説明しましょう。

多くの場合、問題は1つの原因だけによって生まれているものではありません。複数の原因が複雑に絡み合っています。具体的に掘り下げて考え、問題を生み出している本質的な原因(真因)を突き止めれば、問題の半分は解決されたも同然になります。

ロジックツリーを使えば、複雑に絡み合った糸をほぐすように、複数の原因を構造的に整理し、解決すべき優先順位を付けることができます。

[図表2]は「体重が増え続けている」という問題の原因をロジックツリーで具体的な原因に分解したものです。

体重が増加する原因を「食習慣が悪い」、「運動不足」、「基礎代謝が低い」とMECEに分解した後、さらに具体的な原因を掘り下げて考えていきます。

具体的な原因を洗い出したら、体重増加という問題の主要因(真因)を幾つかに絞って特定し、そのための解決策を考えていくのです。

[図表2] 体重が増え続けている」という問題の原因を探る

◆解決策検討型のロジックツリー

次に、「解決策検討型」のロジックツリーを説明しましょう。

[図表3]は「営業利益を増加させる」ための解決策を考えるロジックツリーです。

人が体重を減らすのとは逆で、企業が太る(=利益を出す)対策を考えます。

営業利益を「売上高―売上原価―販売費・一般管理費」という変数に分解して考えます。

「売上高を上げる」ための解決策を具体化する切り口は、「単価×売上数量」、「事業部別売上高」、「営業所別売上高」、「新規顧客売上高、既存顧客売上高」など複数あります。複数の視点で洗い出した解決策を比較検討するとよいでしょう。

[図表3] 営業利益を増加させるための対策を検討する

解決策が有効であるための条件は次の2つです。

・的を外さないこと(真因を解決する打ち手となっていること)
・アクションに結びつくように具体的であること

◆ロジックツリーを作るコツとチェックポイント

ここまでの説明で、「役に立ちそうだけれど難しそうだなあ」と思った読者の方も少なくないでしょう。たしかに最初は簡単には作れないかもしれません。しかし、試行錯誤を繰り返しながらトレーニングを続ければ精度の高いロジックツリーを作れるようになります。

ロジックツリー作る際のコツを幾つか示しましょう。

● 頭の中だけで考えずに、ツリーを紙やホワイトボードに書き出す

● 左から右へ「抽象的なもの」から「具体的なもの」へと並べる

● ポストイットを使うと、追加、削除、移動が簡単に行える

● MECEになっているか自信がない場合は、とりあえず「その他・・・?」としておく

● 左右の因果関係をチェックする

● 全体と部分を行ったり来たりしながらチェックする(具体と抽象のキャッチボール)

● 時間をおいて少し「寝かせて」からチェックする

● 自分、当事者以外の第三者にチェックしてもらう

そして、作った後の基本的チェックポイントは以下の3つです。

① 各レベル(階層)で、できるだけMECEになっているか?

② ツリーの右側が左側(1つ上の階層)の具体的な原因や解決策になっているか?

③ 原因や解決策が階層間で因果関係が論理的に正しくつながっているか?

ロジカル・シンキングの2つの基本的技術MECEとロジックツリーを習得すれば、あなたの問題解決力が格段に高まります。実際に手を動かし、使いこなす練習を続けてください。「継続は力なり」です。健闘を祈ります!

参考書籍:『問題解決プロフェッショナル』(斉藤嘉則著。ダイヤモンド社)

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

シリーズ記事

キーワード

ログイン

  • ログイン

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品