• 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Twitter
  • Yahoo!ブックマーク

[2007.12.13]

自己評価

公開日 2007.12.13 プライスウォーターハウスクーパース株式会社



自己評価とは、当期の目標等に対する達成度や、ある基準に対する能力等の向上度合いなどについて、被評価者自身が評価することを指す。近年では、人事評価シート内に自己評価の欄を設ける企業も多く、評価者の評価の前に、被評価者が記入して提出する場合が多い。

●数値などで客観的に評価可能な評価項目に関しても、プロセス部分の振り返りと今後の目標設定を考えるうえでのよい機会となるため、自己評価およびそれに基づく面談は、育成の効果が高いといわれている。

●自己評価と実際の評価者の評価の乖離(かいり)は、面談時などに話し合い、できるだけ少なくしておくべきである。また、その認識の乖離が著しかったり、長期間にわたって継続する場合は、人事部、または最終評価者が双方に介入する(ヒアリング等を実施する)場合もある。


■関連用語
 人事評価
 コンピテンシー
 能力評価
 業績評価

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

  • ログイン

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品